ビジネスローンの低金利でピンチを切り抜けた私の体験談

MENU

商売は順調でも資金はショートする

脱サラして3年、私は個人事業主として海外メーカーの電子機器の販売をしています。
おかげさまで商売の方は順調でお客さんも増えてきました。

 

売り上げも順調に増えてますが、掛け売りのお客さんが増えてくると別の悩みが出てきます。

 

そうです、いわゆる資金ショートというやつです。

 

うちで扱ってる商品は評判もよくて、問い合わせもよく来ます。
新規のお客さんが増えるのは嬉しいんですが、今どき手形とか言われる会社は少ないけどたまにあります。
それでも今までは仕入れ額もそれほど大きくなかったので、支払いのために貯金を崩すことはありましたがなんとか対応できてました。

 

そんなある日、重大なミスをしてしまってることに気づきました。
リピーターの会社さんからの紹介で新規で大口の注文をもらったんです。
納期の打ち合わせもして、契約した後に気づきました。

 

どう考えても仕入れの支払いにお金が足りない!

 

うちの商品は国内ではあまり売られていない海外メーカーの商品です。
頭を下げて、厳しい支払い条件を飲んで取り扱いさせてもらってる立場上、支払いを伸ばしたいなんて絶対に言えません。

 

「どうしよう・・・」

 

支払い期限まであと1週間。

 

ちょうどそこへ1枚のFAXが・・・。

資金調達会社の怪しい勧誘

そのFAXは資金調達を案内したものでした。
やたら安い金利が提示してあったので、ものは試しに電話してみました。

 

今まで聞いたことがない「ファクタリング」という仕組みの融資の一種をしている会社でした。
売掛金を買い取ることで先に資金を融通してもらえる仕組みのようです。
事業の内容はもちろん、得意先の名前や扱ってる商品なども色々聞かれた挙句、結局その会社での資金調達はできないと言われてしまいました。

 

その会社では無理だけど、別の融資をしてくれる会社を紹介してくれるということで待っているとすぐに別の会社から電話がありました。

 

説明はこんな内容でした。
うちでマイカーローンを組んで自動車を購入します。
その自動車を担保に資金を融通してくれるということでした。
金利はそれほど高くないんですが、別に手数料が必要だったり。

 

聞いたことがない会社名で、少し考えたいと言って切ったあとも何回も電話があって・・・。
この電話番号にヤミ金とかから電話があったらいやだなぁって、電話番号を教えたことを後悔しました。

 

やっぱりちゃんとした融資が受けられないものかと思ってネットで色々調べてみました。
銀行には大きく分けてメガバンク、地方銀行、信用組合・信用金庫があります。
新規の融資申し込みには特に慎重、
審査に時間がかかる、
信用保証協会の保証が取れないと融資は受けれない
など今の状況を考えるととても間に合いそうにありません。

 

こんな事なら普段から銀行と繋がりをもっと持っておけばよかったです。

最短10秒で入金!?

そんな弱音を言っても始まらないので、サラリーマン時代の上司に相談してみました。

 

一通り私の話を聞いた後に上司の口から出たのは消費者金融のビジネスローンでした。
よくテレビコマーシャルでやってる会社は銀行のグループ会社のところが多いので安心なんだとか。

 

「なるほど、その手があったか!」
友人はアコムのカードを持っていて、給料日前になるとよく足らない分を利用してたのを思い出しました。
大手の消費者金融なら申し込みから融資までがすごく早いのは知っていましたし、有名な会社だったら安心ですからね。

 

すぐにスマホで検索したら、アコムにはビジネスサポートカードローンという商品があって、その場ですぐに申し込みました。
時間も遅かったので翌日になりましたが、融資OKの連絡でカードを取りに行ってすぐに利用できました。

 

手続きも簡単でしたし、何より申し込みから契約までのスピードの早さに感動しました。
カードローンだから、必要な額だけ何度でも利用できるっていうのも私には嬉しいポイントです。

 

おかげでピンチを乗り切った私はさらに売り上げを伸ばすことができました。
この先の商売拡大を見込んで、時間に余裕のあるうちに銀行の融資も申し込んでおこうと思います。

 

私のピンチを救ってくれたおすすめのキャッシングはこちら

 

経費の支払いに便利なクレジットカードならこちら